消費者金融の総量規制は緩和されていますか

キャッシングベスト3

消費者金融の総量規制は昔よりは緩和されていますか?

私が借りていた頃は総量規制が厳しく利用出来る金額が少なくあまり便利に感じませんでした。しかし最近の消費者金融は総量規制の緩和によって借りれる額が増えた所もあるみたいだと友人から聞きました、だったら凄く嬉しいのですがそれは本当なのでしょうか?

総量規制は緩和せれていますが注意しましょう!

消費者金融は過去に比べると総量規制はだいぶ緩和されてきています。総量規制というのは、簡単に言うと自分の年収よりも上回らない金額で返済が出来る金額を貸すという所でしょうか。賃金業の法則では、年収をみて半3分の1の金額であれば貸してもらえるという事になっています。

過去の消費者金融は会社それぞれが金利や貸すお金の額範囲などを決めていましたので統一されていなかったのが問題でした。その為、年収よりも高い額を借りてしまい借金地獄に陥ってしまう事になるのです。

そういった問題の解決に、貸せる額を年収によって変える様にする総量規制が作られました。金利も高かったので前までは借りれる額はだいぶ少なかったのですが、金利が下がったのも比例しているのかもしれません、借りれる額が前よりは多くなっているのは事実です。しかしながら、年収の3分の1という法が変わった訳ではありませんので大喜びする事でもありませんので注意しましょう。

もし多くの額を借りたいというのであれば、最近では総量規制がされていないローンなどもありますので確認してみるのも良いと思います。ちなみに総量規制は銀行のローンにはつきません、消費者金融は賃金業の法の中で営業をしなくてはいけないので決まりがきちんとしています。

総量規制は悪い事だらけではなく、やはり自分の借りれる限度以上にはお金を貸さないので無理なく借りる事が出来てとても安心だと感じます。年収の3分の1だと少ないはと感じるかもしれませんが、返済することを考えたら充分なのです。緩和はされているとは思いますが返済出来る額を自分でもよく把握してから借りる方が良いですよ。

消費者金融の総量規制が緩和されるってホント?その裏事情とは?

総量規制は、2010年に導入された、比較的新しい制度ですね。当時、会員になっているクレジットカード会社などから、年収証明書の提示を求めるお知らせが一斉に郵送されてきたことは、まだ記憶に新しいところです。ご存知のように、総量規制は、クレジットカードのキャッシング枠や、消費者金融のカードローンの利用額が、合計してその人の年収の三分の一以上になれば、新たな借入がストップしてしまうという制度です。

多重債務に陥る人が増えたことを受けて、カードローンやクレジットカードの借入による生活破綻の問題を解決するための制度なのですが、目的通りに一定の成果はあがっているようです。しかし一方で、全く問題が起きていないのかというと、そういう訳でもありません。というのも、結局のところ総量規制は、どうしてもお金を借りなければいけない人の根本問題を解決するものではないからなのです。

この総量規制によって、それまで借りれていた人が、借りることができなくなってしまうことによって、実際の現場ではどのようなことが起こったのでしょうか。既に三分の一以上を借りている人は、そこで利用可能額は0円になり、暫くは返済のみの生活になってしまったということが起きたことになります。このような人達は、その後どうなっていったのでしょう。

実は、それをきっかけに債務整理などの手続きを始めた人も多いのです。借入がストップしてしまったことで、身動きがとれなくなってしまったのですね。早い目に債務整理をできたのであれば、この制度導入が、生活の立て直しにはいいきっかけだったということになります。また、特に何もせず生活を引き締めただけで済んでしまった人もいます。借りずに済んだのであれば結構なことで、これもまたいい結果に終わっています。

また、一部の人は、総量規制のかからない銀行で借りています。銀行の審査に通ったのですから、年収が多目の人だったのかもしれません。このように、全ての人が銀行の審査に通れば問題はないのですが、現実はそうも行かないでしょう。そして、残りの人は、結局はヤミ金と言われる業者に手を延ばしたと考えられるのです。ヤミ金と一言に言っても、今はソフトヤミ金と言われるアタリの柔らかなヤミ金や、クレジットカードの現金化など、手法や見た目も以前とはまた異なっているようです。それでも、イリーガルな営業ということには変わりありませんよね。

このような問題が今後表面化してくることを懸念して、総量規制の緩和という話も出て来ているようです。総量規制が緩和されたり撤廃されたりすることは、その制限のかかっている業界にとっては朗報ということになりますよね。どのような動きが水面下であるのか分かりませんが、肝心要の利用者にとってはどうなのでしょう。

総量規制があってもなくても、安心なところから安全な金利で借りる事ができるのであれば、利用者にとっては歓迎すべき話ですが、総量規制の緩和は、果たしてそれに繋がるのでしょうか?ヤミ金に手を出すしかなくなってしまう事情をほったらかしにしていては、やはり根本解決にはなりそうもありません。利用者は結果的に振り回されるしかないのですが、その中でも最善のものを選べるよう、情報収集を心がけたいものです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【相談してください!】年金を担保に借入金!困った時の金融会社 All Rights Reserved.